0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

天津菅曽、言霊の秘義を公開!


天津菅曾学綱要
天津祝詞学綱要


水谷 清=著
定価10,000円+税
菊判 豪華クロス装丁 美装函入

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]




天津菅曾学綱要
無形の魂線を表象する60本のメドハギにみずからのアシカビ=人体オーラを転送し、天津金木の置坐で操作することにより、時空を超越した認識力を得ることができるとされる。三大皇学中で最も秘儀とされるシステムであり、たんに未来を予知するのみならず、天津金木の霊的運転と組み合わせることにより、霊界に干渉し、自他の運命を転換する秘伝が公開されている。なお、本学に習熟すれば、実際に菅曾を用いずとも、魂の緒を全大宇宙に拡張することが可能になるという。
天津祝詞学綱要
水谷清においては、言霊は宇宙の根本言語にアクセスする霊的プログラム言語のようなものとして捉えられる。「ますみの鏡」および地球の御樋代である六角切り子を機軸とした大石凝真素美の言霊学を継承しつつ、タカアマハラの玄義からはじまって、『古事記』や古神道に伝承される秘名・秘鍵を次々に解読してゆくのは驚異的という以外にない。言霊学は、天津金木、天津菅曾を理解するためのもっとも基本として位置づけられる。