0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

 

大祓詞、天津祝詞の謎と玄義


天津祝詞考/天都詔詞太詔詞考


平田篤胤/大国隆正
定価 3,400+税
A5判並製・復刻版

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]




大祓詞中に「天津祝詞の太祝詞事を宣れ」とあるが、その「天津祝詞の太祝詞事」とは何か。賀茂真淵、本居宣長は大祓詞自体のことであるとする説を唱えた。これに対して平田篤胤は『古史伝』で「天照大神から口伝の天津祝詞之太祝詞事という祝詞があり、中臣家に相伝された」という説を唱え、さらに本書『天津祝詞考』では、イザナギが阿波岐原で禊祓をしたときに発した言葉であるとし、様々な古社や神道流派に伝わる禊祓の祝詞を研究・集成し「天津祝詞の太祝詞事」を具体的に選定した。これは単独の祓詞として、大本はじめ道系教団の多くで唱えられる「天津祝詞」の淵源とされる。あわせて収録の大国隆正『天都詔詞太詔詞考』は、天津祝詞=トホカミエミタメ説をフトマニ論から説き起こしたもので、同時に大祓詞の全段にわたり註釈を試みたものとしても注目される。大国隆正=津和野派の国学は後期には顕教的色彩が濃厚になるが、本書は早く天保5年に成立したもので、秘教的宇宙=身体論な解釈が展開されている点で興味深い。なお、『天津祝詞考』は文化12年の木版本、『天都詔詞太詔詞考』は明治33年の活字版を底本として復刻した。大祓詞研究の基本資料として座右に置くべき一書である。