0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

密教修法に用いる法具の解説図典


真言密教法具便覧


権田雷斧=著

定価 3,800円+税

A5判 並製

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]




弊社刊『仏像図鑑』姉妹編。著者の権田雷斧は友清歓真も高く評価した真言宗豊山派の密教僧で、79歳のときに中国に布教し、唐末以降廃絶していた密教復興の端緒を開いた人物。密教で用いる法具について豊富なイラストを収録し、詳細に考証した根本資料。原本は大正10年刊であるが、今日なお最も権威ある法具図典とされる。
<主な目次>須弥壇、五峯八柱宝楼閣、大曼陀羅壇、大壇上四楔、門標、大壇上宝輪、大壇上五瓶と華、仏殿荘厳用華鬘、五種鈴と五金剛杵、大壇上金剛盤、大壇上四面器、大壇火舎と六器と飲食器と供物器、大壇脇机用塗香と灑水との二器、妙香印糸乞哩字香爐、金剛杵、唐鈴と唐五鈷杵、潅頂三摩耶戒場用具、三摩耶戒壇上天蓋の幢、潅頂内道場、護摩、護摩爐、数珠、柄香爐、壇上荘厳 etc.