0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

霊的達人治療家による健康治病の宝典!


自彊術/自彊術の解説と実験談


中井房五郎=著/十文字大元=編
定価2,800円+税

A5判 並製 復刻

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]


自彊術は、透視能力を持った天才的治療家・中井房五郎が自らの治療術を元に創案した日本最初の健康体操で、実業家・十文字大元の後援によって大正〜昭和初期に急速に広まった。本書の同人序文に「其法たるや、其直覚悟入せる生理病理の秘鍵に準拠して、骨格を矯正し、筋肉を伸張し、血行を疏痛し旺盛ならしむるものにして、自ら彊めて息まずんば、自ら強うするに於て遺憾あるなく、名けて自彊術と称す」とあるように、「自彊術」は十文字の命名といわれている。
本書は中井房五郎『自彊術』(大正5年刊)と、十文字大元編『自彊術の解説と実験談』(大正14年刊)の合本復刻である。『自彊術』は、31の基本動作で構成される,治療体操の図解と注意点のみの内容であるのに対して、『自彊術の解説と実験談』は、各々基本動作の詳細な解説を中心に、後藤新平ほか著名人の実験報告を加えたもので、前著の足りない部分を補完している。療術家はもとより霊術家の方も貴重な原典として書架に置かれんことを願う。