0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

高島呑象が編纂した、ありそうでなかった易学の字典


易学字典


高島嘉右衛門・柳田幾作著

定価 3,800円+税

A5判 並製 復刻版

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]


『易経』を紐解くにあたって、易学特有の文字の意味を通常の字典で探ることは不可能に近い。もちろんかの『大漢和』においても十全ではない。本書においては、易学特有の文字を「天文」「地理」「時令」「人品」「身体」「弁名」「器財」「衣服」「飲食」「宮室」「人物」「数量」「禽蟲」「草木」「畳字」の15門に分け、彖爻に用いる文字を列記し、その他、虚字・助字・実字などの経伝に散見するものは、通常の字書のように部首ごとにまとめてその意味を解説している。たとえば、「天文」に属する項目中の「沫」という字には、「日中見沫ハ、豊ノ九三ノ爻辞ニ出ヅ、沫ハ斗杓ノ後星ニシテ小ナルモノナリ」とある。ここで、「雷火豊」の九三の爻辞中に見られる「沫」の意味が明らかになり、他所で出てきた場合にもその意を理解して全体を読解できるようになる。高島嘉右衛門と柳田幾作という易の大家の編んだ、古書市場でも非常に入手しにくいレア本ということもあり、『増補 高島易断』を始め、易を真面目に勉強されておられる方に副読本としてお薦めする次第です。