0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

呪術の古典で変体仮名を学ぶ


新撰咒咀調法記大全

大宮司朗=監修

定価 3,800円+税
A5判 並製

 

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]




変体仮名は明治になって画一化される以前の平仮名の字体で、これを知らぬと江戸時代の版本や写本は読めない。逆に変体仮名がすらすら読めるといろいろとトクをすることが多い。江戸時代の版本をすらすら読めるというだけで教養の奥行きが偲ばれ、人に尊敬される。女にもてる。変体仮名で女を落として変態行為にふけったつわものもいる。江戸時代にはまだまだ知られていない神法道術、まじなひ、密教、占術などの秘書が存在するので、変体仮名を知っていると古書展などで思わぬ拾いものをすることも出来る。また逆に言うと、教会や道場を構え、かりそめにも「先生」とよばれる人は変体仮名をすらすら読めないと思わぬ赤恥を書くことになる。ところが、変体仮名を学ぼうにも、従来の入門書は対象となるテキストが国文学関係のものばかりなのでまったく面白くないために、だいたいが長続きせずに諦める人が多かった。そこで大宮司朗先生が神法道術に関心のある方を対象に、呪術の古典『新撰咒咀調法記大全』の天保13年刊行の木版本を上段に、明治31年刊の活字本を下段に配し、対照して読めるように工夫されたのが本書である。禁厭、呪術、霊符を学びながら、自然に変体仮名が読めるようになる、まさに一挙両得のお勧め本と言えよう。【主な内容】一切の病災を除く法、男女和合符、家に鬼疾邪瘧を除く法、万人和合愛敬の符、方祟を除く咒文、夫婦和順の符、狐憑きを落とす方、諸々の化生を除く方、商売駆け引きに利ある符 etc.