0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

 

初心者や、易を学ぶにあたって挫折した方にも光明!
運命転換の神髄を開示した待望の易学書

易を直感的に理解するのに最適の教科書!


神易玄義


大宮司朗=編著
定価 9,800円+税
A5判 上製 クロス装幀 美装函入

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]




神易とは、古くは太占、また大真道(ふとまち)といって、日月星辰の運行、森羅万象の生成変化などを支配する天地の玄則に則って、天神である皇産霊神が大国主神に教え伝えた日本古来の神術である。何か事をなすに当たって、あるいは人知を以てしては悟り難いような問題に直面した場合に、この神術を以て天神の幽意を質すのである。平田篤胤は、大国主神が古代中国に渡って伏羲として神易を制定したが、現在流行している周易はその後変形していったものであると断じている。すなわち、彖辞、爻辞ともに姫昌父子が賢しらに作り出したものであり、本来は、森羅万象を象った六十四卦の象を深く思いを凝らして観ることにより、その内包する玄意を悟るべきだ、というのである。
本書は、神易の歴史から基本概念、占筮法までを解説した『神易幽義』、平田篤胤の高弟・生田万の『古易大象経伝』をわかりやすく書き改めた『神易大象経秘解』、新井白蛾ならびにその流派継承者たちが、卦の象を観て森羅万象を占うことの重要性を開示した諸書にもとづく『易象秘蘊』の三部構成になっており、これによって六十四卦の象を観て、どのように行動するか、またいかなる事象が生じているか等を感得できよう。
『易経』を丸暗記することから初めてしまった方は、残念ながら易を直感的に理解できないまま挫折してしまうことも多いようであるが、本書を手に取れば、易象の織りなす摩訶不思議な妙に魅せられ、知らぬ間に深い洞察を得ること必至である。これから易を学びたいと思っている初心者の方にも絶対お薦めの書である。
なお、あえて云うならば、神易の神髄は、単に吉凶を知ることにあるのではない。どのように行動したら神意に叶い、凶を吉に、吉を大吉に転換できるかを知ることにある。本書を繙くことによって、いかなる人も自らの人生をよりよいものにすることができるはずである。