0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

 



淡路ユダヤの遺跡と鳴門の仕組み!


淡路の神秘ヱル・ヱロヘ・イスラヱル


武智時三郎=著
定価 3,800円+税
A5
判 並製 復刻版
解説:淡路島に残るイスラエルの足跡(平津 豊)

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]




いま聖地として巷間で注目を集める淡路島。その淡路の菰江海岸の旅館四州園の敷地内で古代ユダヤの遺跡が発見されたのは昭和27年のこと。米軍のユダヤ教従軍牧師・ローゼン大佐も現地を訪れ、「神戸新聞」が数回にわたって報道するほどの大騒ぎとなった。本書は出口王仁三郎から「皇道大本の行者になれ」「淡路の神代村に天井戸を掘れ」と言われた白山義高がこの謎のユダヤ遺跡発掘と関わり、白山の義父である武智時三郎が。古事記や淡路の民間伝承と聖書の暗合と数霊、言霊の観点から、淡路と五十連神(イスラエル)の秘儀について説いた稀書である。発見された古代イスラエル文化遺跡/生命の樹の道/エデンの園/スサノオとヨセフ/神国シオンとヤコブの家/日本文化史上のアラブの神/常世郷は天都エルサレム/いろは歌とモーゼの蛇の杖 etc.