カテゴリー

 

トップ > 心霊・奇談 > 完訳 仙境異聞
神道 > 宮地神仙道 > 完訳 仙境異聞
仙道・道教 > 宮地神仙道 > 完訳 仙境異聞
仙道・道教 > 仙道・道教 > 完訳 仙境異聞
神道 > 平田篤胤・復古神道 > 完訳 仙境異聞

完訳 仙境異聞

誰でも読める平易な現代語訳
貴重な原文も収録
商品コード : /books/89350-187-9
価格 : 9,800円+税
平田篤胤=著 山本博=校訂・訳
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
文政年間の江戸をにぎわした事件に、天狗小僧寅吉の事件がある。寅吉は幼いころから火事を予言したり、透視能力を 発揮しては大人を驚かせたりという超能力少年だったが、七歳の時、東叡山(現在の上野公園)の麓の五条天神の境内で謎の薬売りの老人に出会い、常陸国南台 山の仙境に出入りするようになる。以後、寅吉と異界のコンタクトは間断なく続き、岩間山の杉山僧正という山人を師と仰いで修行を積み、さまざまな神法道術 をよくするようになった。
本書はこの事件に異常なまでの関心をもった平田篤胤翁が寅吉を自分の家にひきとり、彼の語る異界の話を忠実に記録に残したわが国霊学史上のきわめて貴重な資料である。
平田篤胤は本書を契機にいよいよ幽真界の研究に没頭し、それは宮地神仙道や大本の出口王仁三郎へと継承されるのである。
本書は、この歴史的な心霊文書の膨大な全文を、はじめて現代語に訳し、誰でも平易に読解できるようにすると同時に、熱心な方のために原文もあわせて収録し た画期的なものであり、古神道に関心を持つ方には絶対必読の文献です。

幽真界研究の原点
 宮地神仙道庁故清水南岳先生
 「仙境異聞」は玄学の泰斗たる平田大角(篤胤)先生の著で、先生がかの山人界の巨頭たる 杉山雙岳僧正の従者寅吉仙童を手許に養いつつ親しく起居を倶にして、審さに山人界その他幽境の実相や万般の霊的消息を問尋し其の答問を筆録せられたもの で、彼の清浄利仙君の仙境に出入せる島田幸安との問答を聞書せる参沢宗哲大人の「幸安仙界物語」と倶に徳川末期における幽界研究の二大資料と称せられる。
 しかも此の杉山、清浄二仙君が(杉山僧正が神集岳なる杉山清定仙君の分身に坐ますことは既に再三言及した通りである)共にわが水位先生と深き交渉を有 し、水位先生をして「水位モこの両仙ノ御導ニヨリテ神界ニ至ル事ヲ得タリ」と述懐せしめられたる奇しき道縁は思うだに神さびたる次第のもので、現にわが神 仙道六師仙中の上位の二仙として仰ぎ奉る所以もここに存するのである。しかして此の「仙境異聞」の真の価値は杉山仙君の所見、もしくは所見の代弁とも見る べきものが随所に盛られていることで、これらは容易ならぬ貴重の資料である。


ページトップへ