カテゴリー

 

トップ > 古史古伝と異史 > 竹内文書 > 大日本神皇記

大日本神皇記

竹内文書・謎の異本テクスト!
商品コード : /books/89350-662-7
価格 : 7,800円+税
木村錦州=著 A5判上製・復刻版
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

竹内文書に関する異伝をふくむ幻の重要資料。前半は竹内文書の神統 譜を略述する体裁をとっているが、神皇第一代天日豊本葦牙気主身光天皇が即位したとき、天上より「はだま」が現在の越中国婦負郡神明村字久郷に降下し、こ れをクエビコが発見したという伝承や、上古二十三天之忍穂耳身光天皇が瓊瓊杵尊に授けた神代文字の神符(上図)の存在など、小島光枝写本を底本とする「定本竹内文献」 はじめ他の写本にはない特異な伝承を多く含む点でなによりも注目される、また著者は大石凝・水谷清流の三大皇学を学んだ形跡があり、独特の言霊的神観によ る竹内文書の神々の位置づけを行うなど類書には見られない視点も注目される。なお、原本は古書店の店頭に10年に一回出るか出ないかという珍本。いまから 30年以上前、血まなこになって捜しまわり、入手出来たのは4年後、当時の価格で5万円であった。それが今やわずかこの値段、時給800円の人でも10時 間働けば入手でき、年収1000万円の方ならわずか1時間分の労働であるから、今の方は本当に幸せである。弊社の本は多かれ少なかれそういうものばかりな ので、酢だのコンニャクだの文句の多い方はどうぞご遠慮ください。なお原本は文庫サイズで文字が小さく読みにくいので、今般の復刻にあたっては拡大した。

ページトップへ