カテゴリー

 

トップ > 霊符・神折符 > 鎮宅霊符神 感応秘密修法集

鎮宅霊符神 感応秘密修法集

災禍を覆滅し、凶を吉に転ずる霊符神の応験
商品コード : /books/89350-572-6
価格 : 6,800円+税
金華山人=編著 A5復刻判並製 400頁
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
品切れ 増刷予約募集中


鎮宅霊符神の由来および祭祀修法を詳述した秘書。鎮宅とは、家宅の災禍を祓い消し鎮めるとの義で、 下記のような由来がある。風水・宅相に精通していた漢の孝文帝が、あるとき孔農県に行幸したとき、滅茶苦茶凶相の地に、立派な邸宅のあるのを怪しみ、その 主人をよんで尋ねたところ、その昔、災禍打ち続きど貧民となり不幸のどん底にあったとき、いずこともなく書生二人が現れ、七十二霊符を伝授され、十年にし て大富豪となり、二十年にして子孫栄え、三十年にして天子までが訪ねて来るであろうと預言し、忽然と消えたという。ここに孝文帝はこの霊符の法を深く信仰 し、天下に伝えたと。ちなみに本書筆者は、家相研究のためあえて凶相の家に住むこと十年、あるゆる災禍を蒙るが、鎮宅霊符を祀るにおよんで、あらゆる災禍 が忽然と消え、吉祥に転化したという。まさに我が身を捨てて実践の結果、著したのが本書である。このようなありがたい鎮宅霊符であるが、その詳細全貌は本 書でのみ知ることができるのである。鎮宅霊符七十二符はもとより、武帝応用の五十八符、天真坤元の十二符などおよそ260余符を収録。『霊符秘密集傳』の 補完資料として必備の宝典。各人の力量に応じて活用されたい。肥後国八代郡白木山神宮寺に霊符鎮座の次第、周防氷上山の霊符由来、妙見信仰との関係など秘 教信仰の歴史資料としても貴重。また『信仰叢書』に収録の「鎮宅霊符縁起」も併読されたい。


ページトップへ