カテゴリー

 

トップ > 古史古伝と異史 > 異説 > 二千九百年前の西域探檢日誌
友清歓真に影響を与えた謎の西域神仙異伝!

二千九百年前の西域探檢日誌
友清歓真に影響を与えた謎の西域神仙異伝!

黄帝はアブラハム?周の文王はユダヤ人
商品コード : /books/89350-285-9
価格 : 4,800円+税
佐々木照山=著 大宮司朗=解説 A5判ソフトカバー 548頁
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

著者の佐々木照山は、戦前に活躍した大陸通の異色の政治家で、『穆天子伝』『山海経』および中国上 代神話とバイブルの比較から、古代世界の中心をチベット、中央アジアに求め、黄帝アブラハム説、周の文王ユダヤ人説、アスカ地名と石神の関係、十字を神と する観念の由来、易の卦象、パプテスマの起原、漢字の片仮名起原説など興味深いテーマをつぎつぎと展開。さらに、この古代中央アジア文明は電気の存在を 知っていたと論じ、奈良の大仏に電気メッキが施されているといった知られざる事実を指摘する。なお著者と交流のあった神道天行居の友清歓真が、山海経や穆 天子伝に古伝の面影のあることを積極的に認め、中国神話で文字を創世したとされる蒼頡がタングット人であるという考証など、本書の所見を随所に引用してい るのは注目される。ちなみに明治43年に刊行後、一度も復刻されたことのない本書は、相当の古史マニアでも知らない稀書中の稀書であり、古書店でもほとんど入手は不可能である。

ページトップへ