カテゴリー

 

トップ > 霊術・霊能開発 > 霊明法 講授秘録
各種修法 > 霊明法 講授秘録
東洋医学・民間療法・代替医療 > 霊療術 > 霊明法 講授秘録
東洋医学・民間療法・代替医療 > 健康法・養生法 > 霊明法 講授秘録

霊明法 講授秘録

初公開!脳重視の身体強健・霊術指南書
商品コード : /books/89350-297-2
価格 : 3,200円+税
木原鬼仏=講述
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
木原鬼仏は独自の心霊術、治病法で一世を風靡した霊術家で、心霊哲学会を組織、松江で雑誌「心霊界」を発刊していたが、大正7年に綾部の大本本部を訪れ、大正8年には綾部に移住する。その後、第一次大本事件を契機に大本を去り、東京でふたたび霊術家として活動を開始、大正10年8月に本書を刊行する。霊明法は、ダラニ、坐法、印法、呼吸法からなる独自の打座法であり、青色輪観、霊星観、焚燃観、沸騰観、瀑発観の5段階からなる観想法(霊明照照観)、および 霊明力を極度にまで発現する霊明術をふくむ。また巻末には身体強健と霊気発現を目的とする簡易霊明法のノウハウも収録されている。木原の霊術は、原担山の耳根円通法の影響もあり、なによりも脳に定力を集中し通徹せしめることに重点を置くという特色がある。この点、これまで刊行の霊術書とは一味ちがうところがあり、興味深い。他の修行法とは異なり、この方法で通徹すると、そのあと万一修行を怠っても後退することがない、という。なお、「比較霊明学」と称し、太霊道はじめ霊術諸派の修法についても公正かつかなり具体的に紹介しているので便利。また「真元文字」として山口志道「水穂伝」の所説が見られるのも興 味深い。

ページトップへ