古神道、霊学、霊術、密教、神仙道、大本教、占術、超古代史の専門出版社。ブレインマシンKASINAの日本正規ディストリビューター。

カテゴリー

 

トップ > 神道 > 大石凝素美と三大皇学 > 天津金木学綱要

天津金木学綱要

天津金木の秘義を公開!

 
商品コード : 89350-264-3
価格 : 10,000円+税
水谷 清=著 菊判 豪華クロス装丁 美装函入
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
天津金木は、大宇宙の根本度量衡器であり、伊勢の大神宮の真の御柱の霊体である。実際に使われるのは、その現界の写しとされるが、これを『古事記』にのっとり霊置、霊配することによって、修道士みずからが造化三神と一体化して小宇宙を創造し、生成化育の諸相を追体験できる。現代的にいうと、一種の霊的グラフィクス言語であり、これを駆使すれば、古事記神話の玄義や、各種の神像、仏像に秘められた神的玄義をビジュアル化することができるという。天津金木秘事は、修道の士たる者にとって絶対不可欠の知識で、太古真法、印法など神道行法を修するうえでも、これを知ると知らないとではいつのまにか大きな差がつく。
※本書は、『古事記大講』全30巻のうち、6、8巻と23巻の一部をカバーするものです。30巻本または『CD-ROM古事記大講』をお持ちの方には、重複しないように御注意下さい。

ページトップへ