古神道、霊学、霊術、密教、神仙道、大本教、占術、超古代史の専門出版社。ブレインマシンKASINAの日本正規ディストリビューター。

カテゴリー

 

トップ > 神道 > 宮地神仙道 > 本朝神仙記伝 上下巻
仙道・道教 > 宮地神仙道 > 本朝神仙記伝 上下巻

本朝神仙記伝 上下巻 本朝神仙記伝 上下巻
本朝神仙記伝 上下巻 本朝神仙記伝 上下巻
拡大画像

本朝神仙記伝 上下巻

幽真界神人の列伝を通じ
神仙道の枢機に迫る玄学修道の霊典
商品コード : 89350-804-2
価格 : 7,600円+税
宮地厳夫=著 A5判 並製 上下巻揃い
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
本書は、ニギハヤヒ命から河野至道仙人にいたる約100人におよぶ神仙の列伝を通じて、古神道の流れと表裏一体をなす秘教的神仙道の道統をあまねくたどる大史伝。その詳細なる注釈には、しばしば修法の実際や具体的な仙薬等についても言及、また付録の「自修鎮魂法要訣大要案」「自修鎮魂法秘訣入門」は、これから神仙道を実習せんとする者にとっては恰好の手引書となるであろう。なお、原書はルビの誤りが多いので、これを全面的に校訂した。

本書の内容は一見すると、たんに日本の神仙とされる人々を集めてその伝記を列挙したものと一般の人は見てしまいがちである。しかし、はたして本書の真価は、そのようなところにあるのであろうか。

もちろん、このような日本の神仙の列伝ということにかぎってみても、類書は他になく、それだけでも本書が貴重書であるには充分ではないかと言う方もおられるやもしれぬ。事実、このような神仙談に親しむこと自体、すなわち幽真界へと気線を結ぶことにもなるわけであり、大いに推奨されるところであるが、私が言いたいのは、それだけでは、いまだ本書の真価のごく一部をつかんだにすぎぬということなのである。

本書を著された宮地厳夫先生は、宮中掌典をつとめられた明治神道界の重鎮として知られるが、もともと神集岳神界に籍を置かれた高位の神仙であり、ゆえあってこの世に謫仙として生を受けられた方である。

先生ご自身はそのことを堅く秘しておられたが、中年以降は肉身のまま神仙界に出入されたことは知る人ぞ知るであり、本書には、そうした実体験をもとにした神界の秘儀や、神仙道において口伝でのみ伝えられる奥秘が、随所にさりげなく漏らされているのである。この点にこそ、本書の不朽の価値はあろうかと思われるのである。

たんなる学者が書いたものならば、つまるところ学問的なものに帰結するが、神界出入者が学問的な視座を踏まえて書いた本書には、修道上に大いに参考となる記述が随所に散りばめられているのであり、さればこそ、その心をもって読まないと、本当の意味はわからないところも多々あるといえよう。

また、これぐらいのものを読んで、「おっ、ここに重大な秘密のことが載せられているなあ」と合点がいくようになれば、諸賢の修道もそれだけ進捗されたというべきであろう。道に縁ある方は、本書を通じて大いに道骨を養われるよう希望する。

なお、すでに本書をお持ちの方でも気がつかぬままぞんざいに扱っておられるといかぬので、一言申し述べておくと、本書には、平田篤胤先生が尊崇して生前ずっと毎日の神拝で拝んでおられた方、例の仙童寅吉の師匠である杉山僧正の御神名がはっきりと記され、しかもその御神姿までが口絵にさりげなく掲載されているのである。本来は人界に置かれるべきでない尊いものがこうしてちゃんと載っているという一事をもってしても、本書がいかに希有の霊著たるかは明白であろう。(大宮司朗先生・談)

 
饒速日命/可美真手命/椎根津彦/日本武尊/印南別嬢/白鳥陵守目杵/武内宿禰/水江浦島子/若狭八百姫/押坂直/駕龍仙人/吉野山二女仙/鈴鹿翁/箭柄翁/柿本人麿/久米仙人/菊女仙/願覚仙人/飛龍士韓志和/武庫山女仙/蝉丸/小野篁/白箸翁/貞純親王/在原業平朝臣/生馬仙人/菅公/嵯峨隠君子/平維盛仙人/佐々木高綱/津軽女仙/大枝国兼/由井源蔵/度会常昌神主/万里小路藤房卿/郷谷長生夫妻/十津川異人/長清道士/長谷川式部大夫/岩田刀自/大口山女仙/白幽子/原隼人佐/天野三郎兵衛康景/海上隠者/武市常三/美濃女仙/福山坊/雨畑の仙翁/虚庵/飛騨異人/山門玄常/栗山某/長谷川角行/雲居官蔵/吉村専兵衛/青木主計頭/白鳥永徳/信濃女仙/山中山三郎/京都仙翁/霧島山六女仙/羽黒山千三仙人/雲水行者/足柄山五仙人/上総仙人/甲斐徳本/阿勘女仙/御殿林仙人/河野至道寿人
 

ページトップへ