古神道、霊学、霊術、密教、神仙道、大本教、占術、超古代史の専門出版社。ブレインマシンKASINAの日本正規ディストリビューター。

カテゴリー

[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 

トップ > 古史古伝と異史 > 天ノ朝の研究

天ノ朝の研究

高天原は古代近江にあった?!
価格 : 7,330円+税
菊地山哉=著 批評社刊
ポイント : 1,530
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
滋賀県を実地調査した著者は、イザナギ神隠れの地「淡路」「淡海」を近江(=淡海)、「天の安の河原」は野洲郡を指すとし、高天原は近江に実在したと論じ、抹殺された先行王朝「天ノ朝」とヤマト王権のヘゲモニー闘争が豊鍬入姫命〜倭姫命による八咫鏡の宮中出立と伊勢鎮座にも反映されているとするなど、驚くべき秘教的古代史像を提示。それは大石凝真素美の根源人種琵琶湖発生論とも共振し、地霊の記憶を喚起する。昭和41年刊の原本を翻刻し、歴史民俗学者、田中紀子の解説を加えた決定版。
版元さん在庫僅少につきお急ぎ下さい。

 

○第一章 アマの原(天ノ御中主・天ノ彦根・天ノ火明の子孫/天の原との往来 ○第二章 天孫降臨とその真相(中津ノ国/天津日高見とニニギノ命/天ノ浮船 ○第三章 西遷君主(漂流地の天孫/火々出見ノ命と吾平の国 ○第四章 東遷君主(神功皇后と天ツ日嗣/磯城の国/ヤマト朝姫氏と磯城族) ○第五章 アマ国の研究(天ノ火明ノ尊系譜/物部系図/天ノ日槍ノ尊) ○第六章 邪馬壱国と狗奴国(天の朝の覆滅/肥人/天ノ朝最期の皇太神) ○第七章 アマの朝の没落(敦賀あらしと天ノ忍人の命/伊勢内宮の奉斎/神器分離の理由/元伊勢/磯の宮と倭姫ノ命/台与女王と止由気皇太神/神功皇后と天ノ朝) ○第八章 アマノ朝と考古学上の諸問題(神龍石/銅鐸は天ノ朝の所産/前方後円墳の起源) ○第九章 消え行く天ノ国のその後(天の日鉾と但馬守/武内宿禰/石ノ上神宮/筑紫国造磐井の叛乱/和邇村と小野神社)など

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ