古神道、霊学、霊術、密教、神仙道、大本教、占術、超古代史の専門出版社。ブレインマシンKASINAの日本正規ディストリビューター。
 

トップ > 神道 > 法華神道 > 本門の戒壇と霊界の統一
仏教 > 法華 > 本門の戒壇と霊界の統一

本門の戒壇と霊界の統一

法華シャーマンが幻視した神々の因縁
価格 : 7,040円(本体6,400円+税10%)
鷲谷日賢=著 A5判並製
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
法華シャーマンによる壮大かつ奇妙な太古神話のビジョンを綴った稀書の復刻版。鷲谷は海産物問屋の丁稚や土木請負業を経て、43歳で法華経に帰依、自ら霊媒となり、三人の女性霊媒とともに、日本の神代の神々から、アフラマツダ、アブラハム、ヨハネ、エホバから豊臣秀吉、徳川家康、はては乃木大将、ルター、ジャンヌ・ダルク、リンカーンなどの因縁調べをし、その記録が本書だという。
日本列島最古の龍神は天之御中主神で原住民クロボックル族の神として房州を本拠にしていたが、3000年前にインドから国常立尊なる龍神が、守護神ビシュヌ神に守られ、配下の有翼半獣神キンナラ族を引き連れて日向の高千穂に移住、さらに箱根に引っ越した。ところが、国常立尊の子孫のイザナミの胎内に土着の天之御中主がはいりこみ、天照大神が誕生。これに対抗してビシュヌ神はスサノオを擁立し、出雲に移り、さらに丹波に移った。全部説明すると際限がないが、なんとも奇妙なビジョンが延々と語られる。本人は執拗に皇室を礼賛するが、実際には不敬罪ものなので、当時の検閲スミ消しある点は我慢して下さい。(武田崇元)

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ